普及と利用率

ネジ穴の空いた金属

最近では、様々な機器にタッチモニターが採用されるケースが増えている。例えば、駅の券売機やお店での商品注文用のパネル、自動販売機など様々な場面でタッチモニターが採用されている。タッチモニターでは、画面にタッチしながら操作でき、利用者にとっても操作しやすいことから、急激に広がってきた。特に、システムに対して不慣れな人でも、表示されているボタンを押すなど視覚的に操作できる点から、その利便性の高さがある。また、最近ではスマートフォンやタブレット、パソコンなども含め、タッチモニターの利用が中心的なものとなりつつある。今後も、システムに対し何かの情報をユーザが与える場合には、タッチモニターを活用したものが中心となると見込まれている。

システムにおいて、入力装置としてタッチモニターを活用するケースが主流となってきているが、これらの活用においては注意すべき点もいくつかある。まずは、画面上に表示するボタンなどの大きさがある。タッチパネルでは、人間の手で画面に表示されるボタンを押して操作することが通常である。手の指の大きさは人によっても異なるため、ボタン表示が小さすぎたり、ボタンの間隔が狭すぎると、押し間違いや操作し辛さにつながる可能性が高い。その為、これらを活用する際には、表示する画面内容に注意が必要になる。また、操作性が悪かったり、見た目で操作をイメージできない場合、使いにくい物となってしまうため、それらへの注意も導入の際には必要になる。